拙者

11月くらいから入荷待ちだった接写レンズ付きiPhoneケースのGriffin Clarifiを捕獲。

AFもマクロモードもないiPhoneのカメラで簡単に接写が可能に。
Airジャケットに比べるとさすがに分厚いけど、作りもデザインも余裕で許容範囲。

実際撮ってみると、iPhone上の表示では劇的に変わったとまでは言えないけど、感覚的に焦点距離が2m位だったのが30~50cmくらいになってるような感じ。

ルーペ代わりの超マクロには向いてないけど、花や一皿ものの料理の撮影に向いた距離でピントが合ってる感じ。
標準では苦しかったQRコードの読み取りも問題なし。

標準で出来ないことがソフトやハードの追加で可能になることにおもしろみを感じてしまうあたり、あぽーの戦略にまんまと載せられている証左か。
ともあれiPhoneで晩御飯撮影する方には必携のアイテムでござるよ。







コメント

このブログの人気の投稿

StackEditを用いたBlogger記事作成