Instagramの写真でプリントサービスをいくつか使ってみた

サマリ

ソーシャルプリントサービスもいろいろ出てきたけど結局どれがいいのかな

幾つか試してみたよ

海外ステッカーサービスx2


国内ミニ名刺サービスx2





総評

  • オススメはinstagoodiesDECOCA
  • コストは名刺50枚程度・ステッカー100枚程度で2000円以下。
  • SNSとの連携は海外サービスのほうがフットワークが軽いみたい。instagramとの連携は簡単・お手軽。
  • 国内サービスは対応の速さと日本語対応の安心感が魅力。
  • ・・作ったはいいけどどこで使おう・・。

以下、各サービス雑感

instagoodies


  • 概要
instagramの写真をステッカーにすることに特化したサービス。
ソーシャルプリントの老舗のmooのフロントエンドサービスの模様。
  • 対応サービス・UI
instagramのみ。
instagramにログインすると自分の写真一覧が出てきて選んでcheckoutするだけ。
支払いはPayPalでOKだった。住所もPayPalの登録住所が利用できてらくらく。
  • 価格・納期
$14+送料$2で1260円。
1/19発注・1/23発送・2/2受け取り。海外サービスにしては相当速い印象。
  • 印刷品質
印刷は外装・ロゴ含めてmooのステッカーサービスと同様。
結構しっかりしていると思う。

  • 概要
instagramの写真を様々な形で印刷できるサービス。
ステッカーだけでなく、ミニブックやポスター等バリエーションは多い。
  • 対応サービス・UI
instagramのみ。
こちらもinstagramにログインすると自分の写真一覧が出てきて選んでcheckoutするだけ。
支払いはPayPalでOK。だが住所が日本語のままだと思わぬ落とし穴が。
  • 価格・納期
$10+送料$12で1733円。
PayPalの日本語住所をそのまま発送先にしたところ、カスタマーセンタから住所が読めないとのmailあり。英語表記の住所を返送することに。
それが原因かはわからないが、1/19発注で3/12になってしまった。
  • 印刷品質
instagoodiesに比べるとサイズも小さく、印刷品質もやや見劣りする印象。


  • 概要
73x35mmのミニ名刺プリントサービス。
48枚の写真を裏面に配置可能。
オモテ面は固定の写真+7行程度の自由文。
  • 対応サービス・UI
ローカルから専用サーバにアップロードした写真を利用。
UIはFlashで、写真の選択・回転・位置決め等を48枚の写真に対して自由に行える。UI自体は結構快適だったが、特に回転させた場合に位置ずれ(画面上ではあってるように見えるが、決定すると大きくずれている)が発生している場合が多い。最終確認で何度か確認しないと駄目かも。
版下のチェックは丁寧で、ずれに関する確認メールや電話等をもらえてびっくりした。
支払いはクレジットカード・振込・代引等。
  • 価格・納期
送料込み1480円。
3/4発注で3/9受け取り。
  • 印刷品質
pocketerやmooより一回り大きいサイズで、発色は素人目にはよく見える。
カードの手触りと、パッケージの出来が秀逸。

pocketer


  • 概要
7x3cmのミニ名刺プリントサービス。
50枚の写真を裏面に配置可能。
オモテ面は7行程度の自由文。写真貼り付けは不可。
  • 対応サービス・UI
facebookのアルバムや、フォト蔵のデータを利用可能。今回はローカルから専用サーバにアップロードした写真を利用。
UIはFlashで、写真の選択・回転・位置決め等を50枚の写真に対して自由に行える。UI自体はDECOCAより快適で、位置ずれ問題もなさそう。
支払いはクレジットカード・振込・代引等。
  • 価格・納期
¥1980+送料¥160=¥2140。
3/4発注で3/9受け取り。
  • 印刷品質
カード自体の出来はいい感じ。パッケージが開けにくい・取り出しにくいのが難点。


雑感
なんだかんだでお手軽だと思った。
instagoodiesのプリントサービスとSNSフロントエンドの分業が印象的。
webサービスと連携してオンデマンドでグッズ作れたりすると面白いことできそう。
国内でも似たような連携が可能な印刷業者とかないのかなー。

コメント

このブログの人気の投稿

Macintosh SE/mini