酷道

高知市から宿泊予定の松山市へ移動。
ナビで検索すると仁淀川沿いの194号から494号に抜ける道を案内される。
この時点で罠っぽい予感はあった。

194号は普通の山越えの二車線道路。
494号も最初はトンネルもある綺麗な二車線道路だった

が。

一車線で離合不可どころか崖のガードレールもところどころない細道になってみたり、どう見ても集落中の私道にしか見えない細道になってみたり。
でも地図上は国道。



実はこういう道結構好きで、ちょっと楽しくなってきた矢先に通行制限の看板が。
しかも迂回路なしって。
通行可能時間帯に「無」って上書きされていてもうなにがなんだか。

いけるところまで行ってみようかとも思ったけど、
・今まで対向車がまったく来ない
・この先標高1000m近くを通ると聞いたことがある
・この手の道で行き止まりになってUターンもできずに泣きながら山道をバックしたことがある
・万が一があると今日中にチェックインできなくなる
・そもそも夜中に初挑戦の山道を通るもんじゃないかもしれない
・ていうかなんかもう疲れた
ので、泣く泣く狭い道を引き返し、194号に戻って西条経由で松山へ。
うなぎに続いてまたもナビにだまされた気分。

例によって予定より二時間遅れのチェックイン。もうばてばて。

東京を出てから1480km
今日は大阪を出てから540km
なんだか遠くに来たもんだ。

コメント

このブログの人気の投稿

StackEditを用いたBlogger記事作成