触ってきた


池袋で工人舎のSA1F00の展示機を発見して、ちょいといじってきました。
やはりLibrettoやvaio-U辺りと比べると一回り大きい印象。びっくりするほど軽くもないけど苦にならなさそうな重さ。
液晶の発色、視野角は悪くない感じ。1024x600の縮小表示はぼやけて見えるものの、文字が読めないほどではなく、800x480だとほんとにスッキリした表示になってた。
動作は思ったより快適。といってもネットにも繋がっていなかったため、いろいろ試せなかったのが残念。複数アプリを立ち上げた状態でどうかは懸念材料だけど、Crusoeよりはさくさく動いてるかも。
問題はキーボード。
一見キーピッチは広いし、変態配列もvaio-Uに近いので打ちやすいかと思ったけど、タッチタイプしてるとやたらキーをとりこぼす。。
キーの端を押すとキートップが斜めに沈んでキーが入らないみたい。
一文に一度は取りこぼしがある感じで、個体差かもしれないけどこれはちょっとストレスたまりそう。
果たして慣れでカバーできる範囲なのかどうか。。
さてはて。

コメント

このブログの人気の投稿

StackEditを用いたBlogger記事作成